各種緊急時の対応について

警報発令時の対応について

ほっと。では学校に準じた形で暴風警報、特別警報の発令に対してのみ(自宅または学校にて)待機という対応とさせていただきます。

・サービス提供開始時間の1時間前までに警報が出た場合は(自宅または学校にて)待機。送迎はなくなります。
解除された時点で利用可能となります。

・ガイドの場合は従来通り全ての警報の発令により自宅待機。
・サービス提供時間中や直前、来所後の曖昧な時間などに警報が出た場合は、保護者に連絡し、個別に判断していただき、引き取りがあるまで保護します。


緊急避難が必要な場合

利用時間中に大規模災害が発生し、ほっとの建物が破損や倒壊の危険があり、事業所内の安全が確保できないと判断される場合は、大阪市立東都島小学校に避難します。
避難経路


171災害用伝言ダイヤルの使い方

災害時には電話回線が混雑して、音声電話回線は使用を制限されます。
携帯電話、固定電話がつながらない場合はこちらの伝言ダイヤルをお使いください。


171をダイヤル
ガイダンスに従って2をダイヤル
ほっとの電話番号06-6929-1081をダイヤルで伝言を聞くことが出来ます。

また、音声回線に比べデータ通信は通信効率が良く制限を免れる確率が高い為、ほっとのFacebookアカウントを通じて安否情報を発信したり、同メッセンジャーアプリにて連絡がつく場合もございます。
こちらもご確認ください。


感染症発症時の対応について

本人が感染した場合
完治するまで利用不可(完治の定義は学校基準に準じる。)
家族が感染した・学級閉鎖の場合
利用可能(送迎については応相談。)

所内の感染症予防の為、どちらの場合も通所前に必ずご連絡ください。


行方不明時(迷子)の対応について

利用時間内・外に関わらず、迷子になった場合、連絡をいただければ、法人会員への情報拡散、迷子用資料の配布などの協力をいたします。